Y!mobile(ワイモバイル)から楽天モバイル(店舗にて)へMNP、一連の契約の流れ

過日、主人が 【楽天モバイル】 の店舗にてワイモバイルから楽天モバイルへの MNP (乗り換え)を行いました。端末は手元にある Nexus5 をそのまま使うことにし、SIMカード のみ契約を行いました。

その一連の流れを記載しておきます。

ちなみに MNP 作業はネットを使った方がいろいろとお得ですし、楽チンです。ただ、楽天モバイルはインターネットで申し込みをかけると開通まで日数がかかるため、即日開通が可能な店舗にて作業を行いました。

開通までの日数が気にならない & お得なキャンペーンを利用したい方はインターネットにて申込みをされるといいでしょう。が、即日開通が必要な方は店舗で作業ですね。

〔PR〕楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!


スポンサーリンク

楽天モバイル店舗にて申し込む前に用意すべきもの。

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類(通話SIMの場合)
  • MNP予約番号(MNPの場合)
  • 楽天会員のユーザーIDとログインパスワード

楽天モバイルの支払は「ご本人名義のクレジットカード」「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」になります。また、端末の分割払いを考えておられる場合は楽天カードのみになります。

本人確認書類とは以下をさします。

運転免許証、健康保険証、日本国パスポート、住民基本台帳カード、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、特別永住者証明書、外国人登録証明書、在留カード

あなたの家の近くにある楽天モバイルの店舗は こちらの楽天モバイル店舗ページ にて確認くださいね。格安スマホの会社にしては店舗数が多いのも楽天モバイルの特徴になります。

Y!mobile(ワイモバイル)から楽天モバイルへのMNP。

基本的な流れは以下になります。

  1. ワイモバイルにて MNP 予約番号を入手する。
  2. 楽天モバイル店舗にて受け付け & ネット登録作業。
  3. 契約内容をセンターに登録 & MNP 移行処理。
  4. SIM カードチェック。 ※本来は SIM カードを自分の端末に差し込み、動作確認。
  5. SIM カード受取。
  6. 帰宅後、Nexus5に挿し込み、動作確認。
  7. 完了。

今回、申し込みをしたプランは3.1GBの通話 SIM(1,600円)になります。

ワイモバイルにて MNP 予約番号を入手する。

My Y!mobile からは「お客様の契約内容ではお手続きができません。」として MNP 予約番号が取得できず、以下の番号に電話するように告げられました。

ワイモバイルの電話から:116

その際に契約時に決めた4桁の暗証番号が求められます。我が家の場合、契約書類に明記がありました。

基本的に自動オペレーターでの応答ですので機械的に流れます。口頭(必要であれば)とショートメールで教えてくれます。

そして、オペレーターから何故か Softbank への MNP (?)をすすめられたようですが、当然お断りをしました。

楽天モバイル店舗にて受け付け & ネット登録作業。

休日の13時過ぎ、大手ショッピングセンター内の家電量販店に備えられてる楽天モバイル店舗に訪問しました。

店員さんに楽天モバイルへの MNP を告げると「ただいま1時間ぐらいお待ちいただいているのですが・・・」という話。それは予想されていたことなので、電話番号を告げ、ショッピングセンターをブラブラ。

30分ほどで電話がかかってきましたので、早速手続き作業に入りました。まず、クレジットカード(今回は楽天カードを使用)と免許証を提示。

そして出された書類に以下の内容を記載しました。

  • 契約者の名前
  • 電話番号
  • 現在の契約電話会社
  • 端末機種

その後、ネット登録作業に入ります。

この際、楽天市場の会員の方は「ID」と「パスワード」が要求されますので、何らかの形で分かるようにしておく方が賢明かもしれません(^^)/

楽天モバイルへの実際の登録作業などは店員さんの指示によりタブレットにて自分で行う形に。普通にインターネットを使っている方ならさほど難しくない作業です。

その後、ワイモバイルから楽天モバイルへの移行 & SIM カードチェック作業などがあるため、また1時間ほど待たされることに。

楽天モバイルの店舗では Nexus 端末の SIM カードの取り出しが出来ませんでした。そのため、SIM カードを受け取り、自宅で自分で挿すことに。店舗へ行っても端末によっては結局、自分で SIM カード挿しかえの作業を行う必要があります。

SIM カードチェック。

1時間ほどで呼び出しを頂きました。

店舗にある端末でインターネット接続や契約した電話番号で通話ができることを確認後、SIM カードを頂きました。

店舗での作業はそれで終わりですね。トータル3時間弱かかりました。やはり、店舗でのMNPは面倒くさいですね・・・(^^;

MNPに伴う事務手数料はカウンターでは支払う必要はありません。第1回目の請求の際に求められる形になります。

帰宅後、Nexus5に挿し込み、動作確認。

NEXUS5 × 楽天モバイル

あえて ナノ SIM で契約をし、アダプタを使っています。詳細は後述。

帰宅後、SIM カードの挿し込み完了。

SIM カードの挿し込みの詳細な方法などはこちらの記事 に記載をしております。端末付属のピンを「カチッ」と言うまでグッと挿し込み形になります。

APN の設定 を行い、再起動をしましたら、無事に繋がりました。

基本的にこのあたりは店舗で契約をすると店員さんがやってくれます。

iPhone や Xperia、Galaxy などのメジャーな端末は店舗で SIM カード挿しかえに関して問題ないかと思います。が、マイナーな端末の場合、スマートフォン付属のピンを持っていった方が安心かもしれませんね(^^;

今回、そのことをシミジミと実感をしました。

SIM カード取り外し & 交換作業そのものはさほど難しくないのですが、不安な方は是非。

楽天モバイルの通信と通話状況。

主人はスマートフォンをインターネットサーフィンとメールチェックぐらいでしか使用しません。

その主人曰く、楽天モバイルの回線はまーったく問題なく使えているようです。懸念だった昼休みもインターネット回線が「遅い」と感じることはほとんどないそうで普通に使えています。

通話はDocomo回線ですのでこちらも問題なく、クリアに聞こえます♪

もう少し使用後、また感想などを書きたいと思います。

〔PR〕楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!


おまけ ナノSIM → マイクロSIMへ変換。

主人の端末は Nexus5 。

Nexus5 の SIM カードのサイズはマイクロ SIM になりますが、いずれ携帯電話の端末を乗り換えることを想定してあえてナノ SIM で契約をし、アダプタを使用し、マイクロSIMへサイズ変更をしています

参考までに・・・ナノ SIM(小さいサイズ) → マイクロ SIM(大きいサイズ) への変換はアダプターを使えば簡単ですが、その逆マイクロ SIM(大きいサイズ) からナノ SIM (小さいサイズ)への変換は自分で切る作業など発生し、ちょっと難易度があがります。

尚、楽天モバイルでのSIMカードサイズ変更は1枚4,000円掛かることを明記しておきます。

我が家が使った変換アダプタは以下のもの。

安いだけあって、ペラペラのプラスティックだし、楽天モバイルの「ナノ SIM 」と「マイクロ SIM 」アダプタのサイズはあわないし、すぐに外れるし・・・でしたが何とか使えましたし、楽天モバイル回線との接続もできました!

ちなみに・・・最終的には市販のノリを使ってアダプタと SIM カードの両者を強引にくっつけました(^^;

↓使ったのはこんな普通のノリですw

主人曰く、アダプタと SIM カードがきっちりとセットされていないと中で SIM カードがずれ、後々、SIM カードが取り出せない不具合が発生する可能性が高いそうです。

くれぐれも SIM カードとアダプタをきっちりとセットしましょう。そして、アダプタだけをスマートフォン端末に挿すことは絶対にしないでおきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク