Y!mobile(ワイモバイル)とUQ mobile(ユーキューモバイル)を比較、どちらがオススメ?

イメージ画像

最近、よくCMで見かけるY!mobile(ワイモバイル)とUQ mobile(ユーキューモバイル)を比較します。

この2社はDocomoやSoftbank、auなどのいわゆるキャリアと楽天モバイルやmineo(マイネオ)などの格安スマホの狭間に存在をしています。それが月々の料金にも反映されています。

Y!mobileとUQ mobileは大手3大キャリアほど月額料金がお高くないけれど、格安スマホほどお安くない、と。

でも、その一方で月々の料金だけでははかれない魅力があることも事実。例えば・・・

  • 月々の料金を大手キャリアよりお安くしたい。
  • 三大キャリア並みの手厚いサービスが欲しい。
  • 安定したインターネット環境が欲しい。
  • かけ放題プランが欲しい。

少しでも通信費をお安くしたいけれど、いきなり格安スマホを利用するのは不安、いざという時のために身近に店舗が欲しい、インターネット環境は常に安定してほしい、と思われる方にとってY!mobileとUQ mobileは魅力的な選択肢の一つでしょう。

スポンサーリンク

Y!mobile(ワイモバイル)とUQ mobile(ユーキューモバイル)。

ざっくりと比較します。

携帯電話会社 HP 系列
Y!mobile(ワイモバイル) Y!mobile Softbank
 UQ mobile(ユーキューモバイル) UQモバイル au

2社とも大手携帯電話会社の傘下の会社になります。

Y!mobileはSoftbank傘下、UQ mobileはau傘下の会社になります。

いわゆる「格安スマホ」の場合、大手の電話回線を間借りしていることが多く(特にDocomo)、混雑時にインターネット速度が遅くなることがネックとされています。

しかし、Y!mobileはSoftbankと同じ線を使用し、キャリア回線とみなされ、その品質は保証されています。一方、UQ mobileはau回線を使う数少ない格安SIM。そのため、Docomo回線を使う格安SIMよりも混雑が少なく、非常に安定しています。

CMを見てみる。

両社とも最近はCMをバンバンと流していますね~。

Y!mobile(ワイモバイル)のCM。

桐谷美玲さんとピコ太郎さんが印象的。

UQ mobile(ユーキューモバイル)のCM。

長女に深田恭子さん、次女に多部未華子さん、三女に永野芽郁さん、そしてご両親が何故かガチャピン&ムック。ちょっとレトロなCM描写が印象的。

Y!mobile(ワイモバイル)とUQ mobile(ユーキューモバイル)比較。

いずれもインターネットも電話も含まれた2年契約の料金になります。また、端末代が別途かかる可能性もあります。

Y!mobileの料金体系。

ymobile

出典:Y!mobile

新ワンキュッパとしてY!mobileが提案しているプランは以下になります。プラン内容は2017年2月現在のもの。

プラン名 月額 データ通信容量(月) 通話 Yahoo!プレミアム
スマホプランS 2980円 → 1,980円 2GB
※26ヶ月目以降1GB
だれとでも10分かけ放題 Yahoo!プレミアムの
特典が無料でつかえる!
スマホプランM 3980円 ⇒ 2,980円 6GB
※26ヶ月目以降3GB
スマホプランL 5,980円 ⇒ 4,980円 14GB
※26ヶ月目以降7GB

Y!mobileの場合、基本的に2年縛り契約があり、かつ、3年目以降もこの価格になります。一方でデータ通信量は半分に減ります。

また、Y!mobileは月額462円かかるYahoo!プレミアムが無料で利用できます。Yahoo!ショッピングやロハコをよく利用される方、Tポイントを積極的に集めている方には大きなメリットとなりますね。

注意点としましては・・・Softbankからの乗り換えでの場合、キャンペーン価格は適用されません。

UQ mobileの料金体系。

プラン内容は2017年2月現在のもの。

プラン名 月額 データ通信容量(月) 通話
ぴったりプラン 2980円 ⇒ 1,980円 2GB
※26ヶ月目以降1GB
1回あたり5分の通話が無料
※2017年3月から
たっぷりプラン 3,980円 ⇒ 2,980円 6GB
※26ヶ月目以降は3GB

UQ mobileも2年縛りになります。

Y!mobileと大きく異なるのは割引適用年度。UQ mobileは13ヶ月目以降は割引適用が切れ、それぞれ1,000円ずつ値上がりします。

分かりやすく、契約時に1,980円のプランをそれぞれ選ぶと以下の要領になります。

1~12ヶ月 13ヶ月~ 26ヶ月~
Y!mobile 1,980円 2,980円 2,980円
UQ mobile 1,980円 2,980円 2,980円

甲乙つけがたし、というところでしょうか(^^;

UQ mobileはどこまでもY!mobileの真似をしている印象だな~と。

UQ mobileの注意点としましてはauやau系列の格安スマホからの乗り換えの場合、キャンペーン価格は適用されません。

オプション比較。

プラン Y!mobile UQ mobile
留守番電話 無料~100円※機種によって異なる 380円
故障・盗難補償 690円 380円
セキュリテイ 無料+α 290円
電話サポート 500円 350円
出張サポート 出張基本料3,000円+α 無し

総じてUQ mobileのほうがお安くなってきますね。

オプションに関しては必要に応じてつける形になるでしょう。

個人的に管理人はこれらのオプションはいっさい不要だと思っていますが、必要に応じてつけるのもアリだと思います。

ただし、Y!mobileの出張サポート以外は月額になりますので年間でいくらかかるか考える必要があります。

データ容量の翌月繰り越しはある?

スマートフォンをあまり使わなかった月などはインターネット通信の容量が余ってしまう時があります。そんな時にデータを翌月に繰り越して使うことができることを「データ容量の繰り越し」と言います。

例えば、3GBのプランを契約しているけれど、今月は1GBしか使っていない・・・そんな時は翌月に2GBの繰り越しができ、その月は合計5GB使える形に。

プラン Y!mobile UQ mobile
データ容量の繰り越し できない できる

Y!mobileはこの繰り越しができません。Y!mobileユーザー時代、そのことが地味に不満だったりしたもの。使う月、使わない月があるのに!と。

通信状況はどう?

イメージ画像冒頭にも書きましたが、Y!mobileとUQ mobileはDocomoやSoftbank、auなどの大手3大キャリアと格安スマホの中間に位置しているような感じ。

DoCoMoやSoftbank、auユーザーは渋滞のない高速道路をスムーズに走るようにインターネット回線が使えます。一方、大手キャリアの線を間借りしている格安スマホは一般道路をスイスイ走れる時もあれば、ちょっと混雑し、歩みが遅くなることも!特に昼間や夕方は顕著に遅くなる時もあったりします。

Y!mobileとUQ mobileはこの大手三大キャリアと格安スマホの中間点にいる感じ。Y!mobileはSoftbank回線と旧Emobile回線をそのまま利用し、UQ mobileはau回線を利用する形になり、理論上きわめてスムーズにインターネットを使うことが可能です。

実際、Y!mobileを使ったことのある管理人もそのことを体感します。

格安スマホ・SIMとしてはmineo(マイネオ)、楽天モバイル、フリーテルを使っていますが、やはり時間帯によっては混雑し、遅くなることもしばしば。特に昼休みは顕著に遅く感じます。そういう時はY!mobileの滑らかさが懐かしく思う時もありますね。笑

とにかく、インターネット回線はスピードが命だ、快適性が何よりも必要だ、でも、料金を抑えたい場合、Y!mobileとUQ mobileはオススメですね。

[参考]Y!mobileが圧倒、UQ mobileは本家au並みの速度――「格安SIM」の実効速度を比較(au&Y!mobile回線1月編)

ネットで買うのは不安、実店舗はあるの?

通信費を抑えたい、かつ、手厚いサービスが欲しい。そして、インターネット契約は不安で仕方がない、店舗で契約をしたい。

となるとY!mobileを強くオススメします。旧Emobileの店舗が全国に点在し、家電量販店の中のみならず自前でショップを構えています。

一方、UQ mobileも店舗がありますが、家電量販店の中にコーナーを設けている形になります。

結局、月額の通信費はいくらになるの?

両社ともキャンペーンや申込みする時期や店舗ごとによって微妙に金額が変わってくるでしょう。また、スマートフォンを持ち込むか、購入するかでも大きく変わってくるでしょう。

ここでは参考までに比較をしておきます。

基本的に

  • Softbank以外から ⇒ Y!mobile
  • au以外から ⇒ UQ mobile

の乗り換え(MNP)で考えています。

自前のスマートフォン端末を流用する場合。

条件としては・・・

  • スマートフォン端末を買わない
  • 通話SIMカードオンリー
  • オプションはつけない

として考えますと、

  • Y!mobile ⇒ スマホプランM 2,980円 
  • UQ mobile ⇒ たっぷりプラン 2,980円 

になります。

格安スマホでは端末を流用するとぐっと通信費がお安くなる傾向がありますが、Y!mobileもUQ mobileもその旨みは少ないですね。後述する端末を一緒に購入するほうが旨みがあるかもしれません。

スマートフォンを新たに購入する場合。

プラン内容は上記と同じ。端末はiPhone5Sで考えます。

  • Y!mobile ⇒ スマホプランM 2,980円 
  • UQ mobile ⇒ たっぷりプラン 2,980円 

いずれも月額割引が利き、更に端末の頭金は100円ほどになります(^^;

参考までにY!mobile。

ymobile_ワイモバイル

出典:http://www.ymobile.jp/iphone/plan/

月額割引で端末代が差し引かれています。また、UQ mobileの場合、端末購入アシストとして同様の割引が利いています。

支払方法は?口座振替はできる?

Y!mobile クレジットカード・口座振替
UQ mobile クレジットカード

支払額がどうしても数年にまたがって長く続く通信費の場合、クレジットカードで支払いをする方がポイントがたまり、お得だと思います。

でも、どうしても口座振替がいい人もいるでしょう。その場合はY!mobileを選択しましょう。格安スマホを提供している会社はクレジットカードオンリーのところが多い中、Y!mobileの口座振替可は貴重な存在だったりします。

結局、どちらを選べばいいの?

今回の料金は新規契約、もしくは乗り換え(MNP)価格になります。それを前提に考えますと・・・

Y!mobileはこんな人にオススメ。

  • インターネット上の取引は不安だ、店舗で契約したい。
  • Yahoo!プレミアム特典を利用したい。
  • 口座振替をしたい。
  • Docomo、auからの乗り換えだ。

今まで三大キャリアしか使ったことがない & 格安スマホデビュー & スマートフォンデビューという方にはまずY!mobileをオススメします。

Y!mobileは格安スマホの料金体系と大手キャリアのサポート体制や安定感、双方のいいところをバランスよく取り入れた会社になります。また、全国に点在するY!mobile店舗で修理やサポート体制も整っていますので、少しでも格安スマホや格安SIMに不安のある方は強くこちらをオススメします。

管理人も2年間Y!mobileを使っていました が、大きな不満がなかったため自信をもってオススメできます。

3大キャリアに比べる月々の通信費はお安くなる、けれどサービスやサポートは負けていないのがY!mobileのすごみです。

UQ mobileはこんな人にオススメ。

  • インターネット上の取引に抵抗がない。
  • データ容量の翌月繰り越しが欲しい。
  • Docomo、Softbankからの乗り換えだ。

個人的にはY!mobileをオススメします。

が、Y!mobileはSoftbankと同系列の会社になりますので、SoftbankからY!mobileへは乗り換えにならず、料金的にちょっと損する感じがあります。なので、その場合はUQ mobileを選択肢に入れてみるのも一つの手かもしれません。

Softbankで月々支払うよりもUQ mobileで支払う方が確実にお安くなります。もちろん、Docomoからの乗り換えも同様。

また、Y!mobileの場合、インターネット通信のデータ容量翌月繰り越しができませんが、UQ mobileはできます。そのため「今月はインターネットの使用を控えて、来月の旅行で多く使おう」「余った分は翌月に使おう」と計画的にインターネットの使用ができます。

また、オプションプランは総じてY!mobileよりもお安い傾向にありますので、オプションを多く利用したい方もUQ mobileを検討してみましょう。

関連記事。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする