ようやく来たのね!待ちに待ったKindle for PC日本語版を試してみたよ。

待望のKindle for PCが日本にようやく上陸しました。

kindleユーザーは皆、心待ちしていたのではないでしょうか!わたし?わたしはもちろん、待っていたよーAmazonのヘビーユーザーだしねー笑。

スポンサーリンク

Kindle for PC。

kindleforpc

まずはダウンロード。

Amazon.co.jp: Kindle for PC
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3078592246

ここからダウンロードできますよー。

対応OS:ウィンドウズ8.1、8、7

ファイルを開く。

kindleforpc_1

Kindleに登録。

ダウンロードして、立ち上げると自動的に「Kindleに登録」画面が表示されます。

kindleforpc_2

ライブラリが表示される。

会員の方はメールアドレスとパスワード入力をすればAmazonと連携をしてくれます。下記の画面はわたしの書庫。過去に購入した本がずらり~ちょっと恥ずかしいな(汗)

kindleforpc_3

試しに漫画『エマ』を開いてみる。

kindleforpc_4
エマ 1巻』はこんな感じ。画面が広くて見やすいですね。

今までタブレットのKindleかスマートフォンであるNexus5で見ていたので、それに比べると画面が大きくて綺麗で感動中。笑。ええわーこれ、と感動中。

操作もKindleユーザーなら馴染みのものでサクサクと見れます。

何よりも技術本が!。

見やすくなった~

下記は『ポケット百科 EVERNOTE 知りたいことがズバッとわかる本』。

両開きで表示をしても見やすい、見やすいよ、奥さん!もう眼をすがめなくていいんだ・・・と感涙。

kindleforpc_5

今まではパソコンで操作をしながら、KindleかNexus5で本を開いてチェックするということをしていました。

が、今後はもう一つの画面でサクッと作業できますね。

例えば、わたしがevernoteを操作して分からないことがあったら、『ポケット百科 EVERNOTE 知りたいことがズバッとわかる本』を一つの画面でチェックできる便利さ!たまりません!

参考記事:Windowsタブレットユーザー待望の日本語版「Kindle for PC」を使ってみた

Kindle for PC関連のニュース。

ニュース。

「Kindle for PC」日本語版が公開、和書コンテンツをネット接続なしで閲覧可能

アマゾン ジャパンは2015年1月21日、電子書籍リーダー「Kindle」向けコンテンツをWindows PC上で閲覧できるアプリ「Kindle for PC」日本語版の提供を開始した(写真)。Amazon.co.jp上に用意された特設ページからダウンロードできる。対応OSはWindows 7/8/8.1で、ダウンロードサイズは約40Mバイト。

PCでKindleコンテンツを閲覧する方法としては、他にWebブラウザー上で実行できる「Kindle Cloud Reader」アプリが既に提供されている。ただし、Kindle Cloud Readerで閲覧できるのは洋書およびコミック・雑誌のみ。Kindle for PC日本語版の登場により、Windows PC上でKindle和書コンテンツを閲覧できるようになった。アマゾン ジャパンによれば、合計320万冊以上のKindle書籍を同アプリで閲覧できるという。
快適な読書を実現するために、ページ見開き表示やコミック・雑誌の拡大表示などの機能を搭載。また、インターネット接続できない環境でも読書を可能にするためにコンテンツのダウンロード閲覧もサポートしている。その他、以下の機能も備えている

  • フォントサイズや背景色のカスタマイズ
  • 本文検索
  • 辞書参照

さらに、電子書籍リーダーKindleやタブレット端末「Kindle Fire」シリーズ、AndroidやiOS端末向けKindleアプリを利用している各端末間で、読書の進捗状況を同期する機能も用意。どの端末からで も、前回読み終えたページから読書を再開できる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/012100248/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク