月額2,000円以下!格安スマホが自分に向いているかどうか知りたい。

格安スマホに乗り換えても大丈夫?

現在、わたしは EXPANSYS(エクスパンシス)を使って、個人輸入したNexus5x をスマートフォンにして通信会社として 格安スマホmineo を使っています。

これにより通信費は月額2,000円以下に抑えております。

その際に電話番号を変更したこともあり、友人や母から格安スマホに関する相談や質問を受けることも多く。

「格安スマホって何?いいの?わたしも格安スマホを使いこなせるかしら?」

と。

結論。

「格安スマホ」が向いている人と向いていない人がいることに気付きました。尚、ここでの格安スマホがさすのは、「スマートフォン端末そのもの」と「格安SIM」も一部含んでいます。

スポンサーリンク

格安スマホのメリット。

格安スマホに乗り換えた場合のメリットを紹介します。

  • 電話番号そのままで乗り換えOK。
  • スマートフォン端末の価格が安い。
  • 毎月の通信費が安い。

電話番号そのままで乗り換えOK。

格安スマホにしても、これまでの使い慣れた電話番号は変わりません。

大手キャリアが行っているような、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)での乗り換え(転入)に対応していますので、現在の電話番号をそのまま引き継ぐことが出来ます。もちろん、連絡先や SNS や LINE のアカウントも引き継げます。

但し、キャリアメールは不可。

スマートフォン端末の価格が安い。

格安スマホはその名の通り、スマートフォン端末の価格がかなり控えめに抑えられています。

安いものでは1万円代から購入でき、高いものでも4万円ほどで購入できます。分割払いになったとしてもその分割費用も安く抑えることができます。

参考までに、管理人のNexus5Xは32,270円一括で購入。文句のない、素晴らしい使い勝手です。

現在はこちらが狙い目でしょうか。

毎月の通信費が安い。

格安スマホを購入するということは mvno(Docomo や au、Softbank などの大手携帯電話キャリア以外の携帯電話キャリア=mineo や 楽天モバイルなど)を使うことが前提でしょう。

そうなると毎月の通信費がグッとお安くなることは間違いありません。

参考までに現在、わたしが支払っている通信費を紹介します。3GBの月1,600円のプランを利用。

参考 mineo(マイネオ)、通話SIM初月の支払い料金明細(Dプラン・3GB)。mineo(マイネオ)、通話SIM2ヶ月目の支払い料金明細(Dプラン・3GB)。

そう、わたしはこの通信費を求めて格安スマホに乗り換えたわけですね(^^;

さて、格安スマホにメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

格安スマホのデメリット。

続いて、格安スマホに乗り換えた場合デメリットを紹介します。

  • かけ放題プランが少ない。
  • 一部使えない機能もある。
  • 実店舗でのサポートがほぼ無きに等しい。
  • 一部時間帯によって通信が遅くなる場合がある。

かけ放題がプランが少ない。

大手キャリアでは国内通話ならどれだけかけても無料という、かけ放題プランも登場しています。

しかし、格安スマホの多くはこうしたプランに対応しておらず、20円/30秒のプランが一般的。電話をかけた分だけお金が掛かる仕組みになっています。あまり電話をかけない人には影響が少ないかもしれません。

また、一部の格安スマホではかけ放題プランにも対応しています。

参考 楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

一部使えない機能もある。

今までのスマホでは難なく使えていた機能が、格安スマホでは使えない場合も多くあります。

特に海外製の安いスマートフォンは最低限の機能しか備わっていません。おサイフケータイやテレビ視聴といった機能は搭載されていないことがほとんどです。

実店舗でのサポートがほぼ無きに等しい。

大手キャリアと異なり、サービスカウンターやサポート対応の窓口がないか、もしくはあっても数が限られています。

そのため、格安スマホへの申し込みはインターネットが主流であり、また、スマートフォンの操作方法が分からなかったり、設定を変更したいといったときは、自分でインターネットなどで情報収集をして、設定などを行う必要があります。

余談ですが、わたしの60代になる両親は Docomo ユーザー(スマートフォンを使っています)。徒歩でいける範囲内に Docomo の店舗があるため、分からないことがあるたびに Docomo ショップへ相談に。本当に些細なことでも聞きに行っているみたいでビックリした!そういう使い方をしている人が意外と多いことを知った最近。

それらの店舗によるサポートを少しでも必要とする方は格安スマホに向いていないでしょう。

少なくともわたしは両親に格安スマホを勧める気は全くありません。

一部時間帯によって通信が遅くなる場合がある。

格安スマホで使う通信事業者である mvno は自前の通信無線設備を開設しないで三大キャリアの線を間借りし、通信費を抑えています。

そのため、混雑をした時にページ表示がとーっても遅くなる時があります。

具体的な時間帯としては「朝夕の通勤時間」、「昼休み」が遅くなるとされています。

個人的に朝夕はさほど気にならないのですが、昼休みは時によってページ表示がかなり遅くなりますね。そういう時はおとなしく、電子書籍 amazon の Kindle本を読んでいます。

この時間帯などに株式投資などの一分一秒を争う取引(?)ややたらとハイクオリティなゲーム(?)を趣味としてされている方はイライラする可能性が非常に高いですね。

まとめ。

格安スマホのメリット。

  • 電話番号そのままで乗り換えOK。
  • スマートフォン端末の価格が安い。
  • 毎月の通信費が安い。

格安スマホのデメリット。

  • かけ放題プランが少ない。
  • 一部使えない機能もある。
  • 実店舗でのサポートがほぼ無きに等しい。
  • 一部時間帯によって通信が遅くなる場合がある。

いずれを重視するかによって格安スマホを使うか使わないかに分かれてくるでしょう。

結論。

格安スマホに向いている人は・・・

  • 月々の通信費を出来るだけ抑えることが最優先。
  • 自分から電話を掛けることはほとんどない。
  • スマートフォンの使用方法などに関して分からないことがあっても自分で解決できる。

となります。

わたしの場合は「スマートフォンの通信費を抑えること」が最大の目標であり、そのために格安スマホについて多少なりとも勉強をしました。

で、勉強すればするほど、「こんなに安くなるんだ!絶対に乗り換えないと!」と思う反面、三大キャリア以外にあまりにも選択肢が広がりすぎ、かつ、各社とも似たような料金体系を打ち出してきていることに混乱を。わたしは興味がある分野(?)でしたので、せっせと調べましたが、興味のない人には辛いだろうな、と思いました(^^;

そのため、三大キャリアからの乗り換えを躊躇する人もいることは想像に難くありません。

で、上記のメリット・デメリットを踏まえた上で結論としてですね・・・

「格安スマホってどれを選べばいいのか分からな―い!でも、通信費を安く抑えた~い!」という人には 【楽天モバイル】 をすすめます。

提案している端末の豊富さ、一応、店舗で申し込みの受け付けができますし、楽天スーパーポイントが貯まりますし(^^;

参考 Y!mobile(ワイモバイル)から楽天モバイル(店舗にて)へMNP、一連の契約の流れ

わたしの主人が楽天モバイルですが、特に不自由なく使っていますよ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク