Duplicatorを使って同一ドメインで運営している複数ブログをサーバー移転。

この記事はWordPressのプラグインDuplicatorを使っている場合の話になります。Duplicatorは非常に優秀なパッケージソフトですが、優秀すぎるがゆえに混乱が生じました。

さて、8月22日~24日にかけて4つのブログのサーバー移転を行いました。

〔参考〕2015年8月22日、ロリポップからエックスサーバーへ引っ越したお話。

上記の記事では呑気なことを書いておりますが、この後、怒涛の苦しみを。

ひとえにわたしの知識不足&下調べ不足によるもので、ブログ画面が全く安定しない状況が3日も続きました。

スポンサーリンク

移転するブログ。

この4つのブログには以下の特徴が。

  • 同一ドメイン「watamemo」
  • すべてロリポップで運営
  • ドメインはムームードメイン

これら4件をまとめてサーバー移転させることに。

という形で。

結果として2015年8月25日現在はすべてがエックスサーバー上で綺麗に表示されているかと思います。

ええ、なんとか成功させましたが自分の段取りの悪さと頭の悪さに今更ながらに愕然としております。

「Duplicator」。

今回、使って感じたことはDuplicatorなるプラグインは「WordPressをすべてパッケージしてくれるソフト」という感じでしょうか。

データを移転する際に必要な専用のインストーラーとアーカイブを作成してくれ、そのデータを移転先のサーバーにアップロードするだけで済みます。コレが本当に簡単すぎてびっくりしました。問題がなければ非常にスムーズに流れると思います。

今回、わたしは何度もこのDuplicatorを使うハメになりました^^;

最後のほうになるとこっちももう慣れてしまい、機械的に作業を行った結果、2時間ちょいで4本のブログの移転が完了しましたよ。問題なく段取り良く作業をすすめると非常に役立ちますし、次回も引っ越しする機会があれば使うと思います。本当に便利でした。

それなのに、何が問題だったのか。

何が問題だったのか。

前提条件:4つのブログすべてFTPサーバーを使ってバックアップ作成済。(FileZillaを使っています。)

Duplicatorを使いこなせないようなら、このデータを使う予定。

失敗した流れ。

今回、以下の流れで作業をすすめました。非常に複雑怪奇で意味不明だと思いますが^^;

  1. Duplicator1本目のブログのパッケージ作成。
  2. ドメインのネームサーバーをエックスサーバーに変更。
  3. エックスサーバーにパッケージをアップロード。
  4. 2本目のブログのパッケージを作成。
  5. エックスサーバーにパッケージをアップロード。
  6. 3本目、作ろうとすると・・・あれ、ロリポップに入れない!ピンチ^^;
  7. やむを得ず、ネームサーバーをロリポップへ変更。
  8. ロリポップの管理画面で3本目のブログのパッケージ作成。
  9. 3本目のブログをエックスサーバーへアップロード。※ネームサーバーはまだロリポップ
  10. 数時間のタイムラグ後、4本目のブログのパッケージ作成。
  11. 4本目のブログをエックスサーバーへアップロード。
  12. ネームサーバーをエックスサーバーへ切り替え。
  13. おかしなことに。テストURLと繋がったり、画像が表示されなかったり。

わたしも混乱しましたが、サーバー側も混乱したよう。チェックサーバーとか本番サーバーが入り乱れ、ブログの表示が訳の分からない状態に陥りました・・・

このブログが使っているサーバーはロリポップなのかエックスサーバーなのかテストURLなのか、どれなのか!?と。混乱しまくりました(^^;

最大のミス。

今回、わたしが犯した最大のミスはサーバー移転する前にDuplicatorでパッケージをすべて作成しておかなかったこと。

これが最大の問題でした。痛いミスでした。それゆえにエックスサーバーにせっかく綺麗に引っ越しできたのに、もう一度ロリポップへ戻るはめに^^;そうしないと管理画面に入れず、パッケージを作ることができなかったので・・・今回はブログ2本を移した時点でアウトになりました。

「え、もう管理画面に入れないの!?」とパニクりましたが、ネームサーバーの反映をロリポップへ変更したらはいれました。

すみません・・・知識がないばかりにこんなミスを。なんでしょう、1個ずつ段階を踏まなきゃ!と思っていた様子。

ミスというか・・・ミスかな、やっぱり。

ネームサーバーの変更タイミングを間違えましたね。

エックスサーバーへアップロード→DNSサーバーがじわじわと反応→更にエックスサーバーへアップロード・・・なんてことをしていたらダメだな、と。今回は更にネームサーバーを使ってサーバーをロリポップへ戻す、という荒業も使い、ますますおかしなことに^^;

要は最大のミスと重なり、うまく行かなった感じですねー遠い目。

成功した流れ。

というわけでやり直したのが以下。この作業を4本ともに行いました。もちろん、ネームサーバーはエックスサーバーを指定しています。

  1. エックスサーバーに格納したデータベース、インストーラーなどを全て削除。
  2. 保管してあったDuplicatorで作成したインストーラーとアーカイブを再度エックスサーバーにアップロード。

コレで綺麗に表示されました!成功する過程というのはシンプルなものですね。

次回、やるとしたら。

次回、同じ作業をやるとしたら以下の流れでやります。

  1. 移転させるすべてのブログのバックアップデータをとる。
  2. ネームサーバーを変更する。
  3. ネームサーバーが反応したら、新サーバーにすべてをアップロードする。

1つずつ・・・とかいうことではなく、一気に流れをつけてやることにします。しつこいですが、Duplicatorを使っている場合ですよー。

この記事に書いていることはわたしのためのメモです。

この通りにすれば「絶対に成功するよー」という保証はありません。が、わたしは次回、同じようにDuplicatorを使って同一ドメインで運営している複数ブログを移転させるときはこの段取りでやることを意識したいと思います。

バックアップは大事、バックアップがあれば何とかなる。

今回、得た教訓はバックアップデータの大切さでした。

本当大切です・・・これさえあれば、いかようにもできるんだわ!と実感しました。

今まで漠然とバックアップデータを作成していましたが、今後は気合をいれて作成します!誓います。気合をいれて、とな。

マジ、バックアップデータは大切・・・シミジミ。

それにしても、サーバーの知識があればこんな四苦八苦しなくても済んだのかしら・・・遠い目。

図解 サーバー 仕事で使える基本の知識 (知りたい!テクノロジー)
増田 若奈
技術評論社
売り上げランキング: 53,248
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク