主婦の場合、スマホと通信業者を選ぶ決め手は料金よね、という決着に。

昨年の3月10日にDocomoからYmobile(当時のEmobile)へ。

Y!mobile:Y!mobile スマートフォン

夫婦ともどもDocomoとは15年以上付き合っていましたが、一つのキャリアにおいて長期ユーザーになっていても何のメリットもない、ということにようやく気づいたという。

その時わたしの目の前に二つの選択肢が。

  • 他のキャリアへ移る(MNP)。
  • スマホ本体を入手し、自分でSIMカードを差し込む。

で、当時はauやソフトバンクに話を聞いたけれど、やっぱり高いよねーと。わたしはスマホに月8,000円もかけるという感覚がないので。

やっぱり、初期投資はかかるけれど、中古でスマホ本体を入手し・・・と考えているところにEmobileのCMが。笑

矢沢永吉さんのCMだったと思う~。

で、Emobileへ話を聞きに行きました。

平日の昼間、カウンターで超暇そうにしているおっちゃんと話している途中でもう乗り換えを決意し、主人と出直してきます!と。絶対に出直してきます!!!

アディオス、Docomo!と。

スポンサーリンク

決め手はやっぱり料金。

プランとしてはこれ。

・端末代金 5万400円(オンライストア価格)-2万1000円-2万9400円=0円
・月額使用料 980円(基本使用料)+315円(ネット接続代)+3880円(パケット定額料)-980円-1680円=2515円

プラス我が家は保険を支払っているので500円かかっています。それでも3015円!上限は5GB→7GBだったと記憶していますーが、ほぼWi-Fi環境のわたしはそこまで達することはまずないという笑

次は3GBあれば十分だわ、もしくは1GBでもいけるかもしれない。ちなみにこれが2月の確定料金。二人分です。

IMG_20150316_スマートフォン料金

この画面を友人に見せたら「え、これ一人ぶんじゃないの?」とビックリされました。もう一度書きます。この6,354円は二人分の料金。

で、二人ともまったく通話をしていないという笑。電話はほぼ家電ですねー。

友人は二人の子持ち。

これを見た友人は「わたしも乗り換える!絶対に乗り換える!面倒くさくて避けていたけれど絶対に乗り換える!」と連呼されておりました。

彼女は二人の子持ちなので家計としては4人ぶんの通信料金を支払っており、それが家計を圧迫している様子。おまけに長男はこの春、中学生になり、キッズ携帯ではもう無理なのだろうか、スマホかやっぱりスマホがいるのか・・・と呪詛の言葉をはいておられましたwww

で、この日、会ったのはそれもテーマの一つだったという。

「いかにして通信費を抑えるか」という主婦の永遠の課題ですよね☆

もう最新式とかiPhoneだとかどうでもいい!

携帯電話会社もどこでもいい!昔はDocomoがブランドだったけれど、もう今となってはどうでもいい!

ただ普通にスマートフォンとしてサクサクと使えて、サクサクと連絡ができればなんでもいい!

そう、スマホ本体よりも何よりも重視すべきは通信費よ!と鼻息荒く。笑

え、通信費が安くなるの?と思っても。

「分からないから・・・」「面倒くさいから・・・」

と携帯電話会社の言うがままに、ずーっと同じ会社で契約をして設定をしていたことが恥ずかしい、とは友人の弁。

世間にはそういう人の方が多いんじゃないかなぁと思いますがね。わたしも去年までそうだったもん。

でも、はっきりと金額的に「こうすると安いのだ!こんなにお得になるのだ!」と認識をすると、天啓を得たように主婦は動きますねー笑。去年のわたしのように。

とりあえず友人はご主人と子供を巻き込みながら、キリキリと動いておられますwww

次はどうしようかな~と。

わたしもとりあえず1年は過ぎました。

そして、2年縛りが終わる1年後には月々の支払料金があがりますので、乗り換えるつもりです。あ、でも、引き留めに魅力的なプランを提示されたら別だけれど♡

あれから1年。

色々と魅力的なプランが出ていて、どうしようかな~。

通信費に関しては自分がストレスなく使え、かつ、支払うに値する、と認めた金額しか払うつもりはありません。そして、その金額は8000円じゃないことは確か。

最安値じゃなくてもいい、納得のいく形で乗り換えを実現したいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク