キングジムのポメラ(DM20)のスペースキーが故障したのか。

わたしはキングジムのポメラDM20を使っています。

〔参考〕ブログ運営の友、わたしがキングジムのポメラ(DM20)を使う5つの理由。

いつものようにカタカタと入力をしていると・・・あれ?変換をしない(・・;)と気づきました。変換・・・わたしは「スペースキー」を使って変換をしているのですが、まったく反応をしません。

嫌な予感が頭の中を過ります。

「スペースキー」の右隣になる「変換キー」を使うと変換はできます。ということは・・・スペースキーが壊れたのかorz

スポンサーリンク

元々、ポメラ(DM20)のスペースキーの感度は悪かった。

表題通り。

そうですね、「スペースキー」の感度は元々それほどよくありませんでした。

ネットの声を拾ってみても同じようなコメントが見られますので、ポメラはそういう仕様なんだろうなーぐらいに。それに使っていくうちに度の反応の悪さにも慣れてしまっちゃいました(・・;)

というわけでポチポチと使っていましたが、まったく無反応というのは・・・こはいかに!?壊れたのか?ついに壊れたのか?

まだ3年しか使っていないよー涙。いや、もう3年も使えば十分なのか!?

変換キーで変換はできるもの。

そう、「スペースキー」の右隣になる「変換キー」を用いて文字の変換できるものの、非常にまだるっこしい。

指をのせる位置が微妙に変わるともうイライラして、スムーズに文章を綴れない~!ストレスがたまる~!わたしの華麗なるブラインドタッチがぁー!!!

もう買い替えなのか!?買い替えるしかない!?と思いながらネットでいろいろと検索をかけてみました。

すると、とある人のサイトでポメラ、それもわたしと同じDM20のキーボードを分解して掃除をしたらスペースキーの感度がよくなったよ、という記述を発見!

え、マジ!?

と思ったものの、機械音痴のわたしにポメラの分解は考えられません。やるとしたら、主人にやってもらいます。断言。

そこで分解するよりもまずコレじゃね?と登場したのがコレ、ダストブロワー

エアーでキーボードを掃除すると。

IMG_20150208_ダストブロワー

こんなんで直るかなぁ~と思っていると、直りました。

しゅーっとしばし振りかけ、恐る恐るキーボードを打ってみると変換しましたー!ミラクルー!!

嬉しいー!!!というわけでこの記事は復活したポメラタンで入力をしております。いいね~スペースキーが使えるというのは(゚∀゚)アヒャ

ちょっと前までは買い替えなのだろうか・・と悩んでいたわたしがどこかへ吹っ飛びましたことよ。

考えてみれば、購入してから一度もポメラの掃除をしたことがなかったわー反省しました、マジで反省をしました。

ポメラ愛用者の皆様、キーボードが反応をしなくなりましたら、まずはダストブロワーの類を使って掃除をしてみましょう!

それだけで回復することがあるかもしれませんよ~。

是非、お試しあれ~

〔Amazon〕ポメラ DM20

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク